• iPhoneの画面を保護しながら修復する

    • iPhoneの画面保護シートは多数の会社から製品が販売されています。



      多くは光沢、非光沢などの見栄えに注目した商品が多いのですが、最近増えてきているのが自己修復タイプのフィルムです。
      自己修復タイプの保護シートは主にフィルム型になっており、フィルムについた小さなキズなら見えなくしてくれる機能があります。
      iPhoneの画面は大型化していることから傷がつく機会が増えています。そのため保護シートを購入する方が多いのですが、シートは意外と傷がつきやすいのがネックです。

      iPhoneの画面よりも強度の面で劣る場合も少なくありません。

      今、注目のOKWaveに有効なサイトの紹介です。

      傷が目立てば新しい保護シートを購入する方が多いのですが、何度も貼り直すのはもったいないです。



      そこで自己修復タイプの保護シートが使えます。

      耐久力は一般的な保護シートよりも高く、傷を直すため若干厚くなっている場合もありますが、タッチ感などは違和感なく利用できる場合が多いようです。
      また、自己修復はすぐに行なわれるので鍵などといっしょんに入ってる場合についか傷もその場ですぐに回復するのでポケットなどからiPhoneを取り出した際には気づくことがないとも言われています。
      液晶画面のガラス交換は数万円かかることもありますので保護シートを購入する際には自己修復タイプがおすすめです。

  • これからの携帯

    • iPhoneで動画サイトを観る

      iPhoneは動画サイトを観ることができますが、サファリからの閲覧では一部制限が入る場合があります。日本で有名な動画サイトといえばYoutubeとニコニコ動画ですが、両者ともiPhoneを含めたスマートフォン対応が進んでいます。...

  • 難しくない携帯

    • iPhoneのおすすめポイント

      スマートフォンの普及率が毎年あがっていますが、いまだにガラケーを使っている人も少なくありません。ガラケーにはガラケーの良さがありますが、そんな中にも「そろそろスマートフォンにしようか」と考えている人も多いはずです。...

  • 携帯のコツ・基本知識

    • iPhoneのモデルを選択して購入する

      スマートフォンであるiPhoneは、多くの人々が所有し、様々な使い方を行っています。iPhoneには、色々なモデルが販売されており、SIMフリーであるかどうか、ストレージの容量の違いなどによって分類されています。...

    • iPhoneの液晶保護シート

      iPhoneは世代を重ねるごとに大型画面化していきますが、日本で販売された最初のiPhone3Gから液晶保護シートやフィルムは多数の会社から販売されてきています。一般的に保護シートは画面を守るために利用されますが、現在では保護の意味以外にも多数の機能が追加されたタイプも開発されています。...